代表について

代表あいさつ

main

さかなの会の発端は、2006年に私の家であんこう鍋パーティをやったことでした。長い年月を経る中でそのようなことが繰り返され、段々とエスカレートしてきたのが現在のさかなの会です。さかなの会は、魚を楽しむ集まりの中で「魚が好き」という共通点の元、様々な分野の方が集い、良い縁に恵まれてきました。これからも様々な分野の方々と「広く」関わり、魚に対する好奇心を「深く」刺激していければと思っております。ただ、疲れないように「ゆるく」やっていきます。どうぞ、よろしくお願いします。

プロフィール

ながさき 一生(いっき)
さかなの会 代表
東京海洋大学 非常勤講師
おさかなコーディネータ/水産アナリスト/伝える漁師
(セミナー講師/コラムニスト)

1984年、新潟県糸魚川市にある「筒石」という漁村で生まれ、底曳網漁師の家庭で丁稚奉公の18年間を送る。
2007年に東京海洋大学を卒業後、築地市場の卸売会社で働き、壮絶な日々を過ごす。その後、同大学院で魚のブランドの研究で修士取得。
2010年から、大手IT企業で働きITビジネスの知見を得つつ、一般消費者の視点も養う。

2006年からは、「水産庁公認「浜の応援団」である「さかなの会」を主宰し、食べる魚に関するイベントを多数開催。参加者は延べ1000人を超える。
また、10年目の2016年には、著書を出版し、 雑誌・新聞・ラジオ等に取り上げられる。

2015年に突然の父の他界により実家の漁業を廃業。これまで関わった業界関係者の考えや思いを伝え、食べる魚を通じて世の中を良くするため、日々奮闘中。

メディア掲載

新潟日報、山陰中央新報、上越タイムス、水産経済新聞、みなと新聞、日経マネー、Big Tomorrow、中央エフエム、ビジネス選書Web …など

…取材、仕事のご依頼、お問い合わせは、こちらからお願いします。

講演等実績

・社会連携論Ⅰ (@東京海洋大学)
・自然環境論IV (@学習院女子大学、南三陸ビジターセンター)
・「魚を食卓にあげるにはどうすればよいか」(@東京海洋大学)
・「外食で美味しくて安全な魚を食べる方法」 (@東京海洋大学附属図書館)
・「これからの時代を生き抜くための魚の知識」(@NAGAYA AOYAMA(シェアオフィス))
・「売れている魚屋に学ぶ営業術 〜激動の時代を乗り切る〜」(@株式会社クレスコ品川本社)
・「サンマdeポジティブヘルス」(ポジティブヘルス勉強会)など

…講演のご依頼、お問い合わせは、こちらからお願いします。

コンサルティング実績

・自治体などの公的機関様向け:大規模イベントの計画作成支援、販促イベント出展支援、特産品ブランド化支援、人材紹介など
・水産会社様向け:ビジネスプラン作成支援、小売店舗の販売方法改善、水産加工品の首都圏販路拡大と営業支援など
・食品会社様向け:商品企画(缶詰新商品の検討、魚向け調味料の検討など)など
・飲食店様向け:魚を使ったメニュー開発、仕入先紹介など
・その他の一般企業様向け:魚業界のビジネスパートナー(協業先、調査先)紹介、水産物を使った経営課題解決など

クライアント例:大手航空会社、大手食品卸、水産ベンチャー企業、一次産品のインターネット通販会社、市町村水産課、調味料メーカー、飲食店など

…コンサルティングのご依頼、ご相談は、こちらからお願いします。

書籍紹介

hon
出版社:秀和システム
本体価格:1500円(税別)
ISBN:978-4-7980-4661-7
形態:四六判 304ページ

詳細&ご購入はこちら

今までありそうでなかった
「外食で美味しく安全な魚を食べる本」

Amazon新着ランキング「グルメ」&「グルメエッセイ」
「出版社別ランキング」にて第1位獲得!

■「本日の獲れたて鮮魚」がある店には注意しよう
■魚のアラや頭を使ったメニューがあるお店を選ぼう
■水・日・祝に干物を勧めるお店を選ぼう
■生け簀に魚が泳いでいるお店はやめておこう
■イカ一夜干しにタレがかかっている店には注意しよう

…などなど今日から役立つ知識が満載!

SNS・ブログ

facebook
アメーバブログ
・はてなブログ(近日、オープン)